[東京 30日 ロイター] - 安倍晋三首相は30日午後の参議院予算委員会で、日銀の次の総裁人事をどうするかは時期尚早だとしたうえで、黒田東彦総裁の金融政策に全幅の信頼を置いており、次期総裁には、黒田総裁の路線をしっかりと進めてほしい、との考えを示した。

大塚耕平委員(民進・新緑)の質問に答えた。

また、金融緩和の出口政策に関連して、日銀保有国債を一部永久債化すべきではないか、との指摘に対し、麻生太郎財務相は「財政ファイナンスの極みとなる懸念がある。円という通貨への信認が落ち、財政規律への信認そのものが損なわれることになりかねない」と指摘。「国民生活に多大な影響を与えることが十分予測できる。政府として検討していない」と否定した。

*内容を追加します。

(石田仁志)