ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日航と全日空、イスラム圏7カ国の旅客の米入国可否確認

2017年1月30日

[東京 30日 ロイター] - トランプ米大統領によるイスラム圏7カ国からの入国禁止措置を受け、日本航空<9201.T>とANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸は30日、米国便のチェックイン時に対象7カ国のパスポートを所持した旅客に対し、米国入国の可否を確認することを決めた。入国が許可されないことが判明した場合、旅客にその旨を伝え、搭乗を控えるよう勧める。

チェックイン時、日航は同7カ国のパスポートを所持した旅客の入国の可否を米国境警備当局に照会する。全日空は外交官ビザや永住権カード(グリーンカード)を持っているかどうかをチェックし、それ以外の旅客は原則、搭乗しないよう案内する。全日空は入国が認められず、航空券を同社から直接購入した旅客に対しては払い戻しに応じるとしている。

(白木真紀)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧