ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ゆうちょ銀とかんぽ生命の株式売却、少し時機待つ=日本郵政社長

2017年1月30日

[東京 30日 ロイター] - 日本郵政<6178.T>の長門正貢社長は30日、財務省が決めた日本郵政株式の2次売却に関連して、傘下のゆうちょ銀行とかんぽ生命の株式売却は同時に実施しない方針を明らかにした。

財務省は、日本郵政株式の2次売却に向けて主幹事証券の選定作業に入ると発表しているが、長門社長は「今回は金融子会社の株売り出しのための主幹事選定作業はしない」とし、「ゆうちょ銀とかんぽ生命は少しタイミング待つ」と述べた。

金融子会社の株式売り出しについては、早期に5割まで売り込みたいとしながらも、業況やユニバーサル・サービスの維持、日本郵政との一体感の維持などを勘案していく必要があるとの認識を示した。

(布施太郎)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧