[ヨハネスブルク 30日 ロイター] - 南アフリカ共和国の通貨ランドが30日の取引で下落している。ズマ大統領が内閣改造を検討しているとの一部報道が嫌気されている。

0825GMT(日本時間午後5時25分)現在、ランド<ZAR=D3>は1.34%安の1ドル=13.6175ランド。3営業日続落となっている。

南ア国債も売られており、2026年満期債利回り<ZAR186=>は10ベーシスポイント(bp)高の8.95%。

地元メディアによると、与党・アフリカ民族会議(ANC)の幹部は、昨年11月にズマ大統領の辞任を求めた閣僚が解任される可能性があるとの見方を示した。

ANCは1200GMT(日本時間午後9時)に会見し、指導部の定例会議の結果を明らかにする予定。