[ベルリン 30日 ロイター] - 独IFO経済研究所は、2016年のドイツの経常黒字が過去最高となる推定2970億ドルに達し、中国を抜き、世界最大の経常黒字国となったようだと明らかにした。

国内総生産(GDP)比では8.6%と、欧州委員会が提唱している上限の6%を再び上回った。

IFOによると、中国の昨年の経常黒字は推定2450億ドル。輸出の低迷が背景にある。

欧州委や米国はドイツに対し、世界経済の不均衡是正と成長押し上げに向け、内需促進や輸入拡大を求めている。だがドイツはこうした批判には否定的で、経済省報道官はIFOのデータについて、「黒字額は高水準だが、過度な不均衡を反映している訳ではない」との立場を示した。