[ウェリントン 31日 ロイター] - 今年9月に5年の任期が終了するニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)のウィーラー総裁が、今後の対応について近く明らかにする見込み。ジョイス財務相が30日、ブルームバーグに語った。

ジョイス氏は「(ウィーラー総裁が)再任を求めているかどうかには立ち入りたくない」と話したが、発表は「もうすぐ」行われるとの見通しを示した。

NZ中銀の広報担当は、時期が来ればウィーラー氏が声明を出すだろうと述べた。

ウィーラー氏はこれまで続投を目指す考えを示していない。中銀総裁は70歳で退任する規定があり、現在65歳の同氏が再任されれば、二期目の最終年に影響する見込み。