[東京 31日 ロイター] - 麻生太郎財務相は31日の閣議後会見で、トランプ米大統領が通商協定に「為替条項」を盛り込む考えを示したことに関し、「為替に関わる話はこれまでと同様、通貨当局の間で議論していくべきもの」とし、「日米間では意思疎通をきちんとやっていかねばならない」と語った。

2月10日の日米首脳会談に同行するかは「決まっていない」とした。