[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ米大統領は31日にサイバー・セキュリティーに関する大統領令に署名する見通し。関係筋が明らかにした。

トランプ氏はサイバー・セキュリティーの問題を政権の最優先課題の一つに挙げている。

大統領令には、サイバー攻撃に対する政府の対応能力の見直しや連邦機関の対応能力の監査などが含まれる。また重要インフラの保護対策の改善方法について情報を求めるほか、高度な技術を有する人材の確保・育成に向けた政府の取り組みも見直す。

民間セクターに強固なセキュリティー対策を講じるよう促す方策も検討する。