1月26日、トランプ大統領は、米国で不法移民を捕らえても審理まで釈放する現行の「キャッチ・アンド・リリース」方針をやめようとしているが、その計画は壁にぶつかる可能性があると、移民保護団体は警鐘を鳴らす。写真は、米国とメキシコ国境沿いに新たに建設されたフェンス。メキシコのシウダーフアレスから撮影(2017年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[グアダルーペ(メキシコ)/トーニロー(米テキサス州) 26日 ロイター] - トランプ大統領は、米国で不法移民を捕らえても審理まで釈放する現行の「キャッチ・アンド・リリース」方針をやめようとしているが、その計画は壁にぶつかる可能性があると、移民保護団体は警鐘を鳴らす。

 ただしその壁は、同大統領がメキシコ国境沿いに建設しようとしている壁ではない。

「移民を釈放したくないなら、彼らをどこに収容するのか、その場所を教えてほしい」とトランプ大統領に問いかけるのは、テキサス州エルパソにあるローマカトリック教会系団体の責任者ルーベン・ガルシア氏だ。同団体は、移民の家族に保護施設を提供している。

 トランプ大統領が不法移民を抑制するためのより厳しい措置を発表した25日までの3日間に、ガルシア氏の団体は、米移民税関捜査局(ICE)から釈放された400人以上の移民を受け入れた。

「彼ら(ICE)が釈放するのは、捕まえてすぐに釈放したいからではない。収容所に十分な空きがないからだ」とガルシア氏は語る。

 このことは、「キャッチ・アンド・リリース」に終止符を打つ場合に起こり得る問題を露呈している。米当局によって捕らえられる移民のほぼ半数が中央アメリカからの家族や子どもであり、こうした移民向けの収容スペースはごくわずかだからだ。

 トランプ大統領は移民家族が入れる収容所の数を増やす計画を表明している。だが、それは完成までに時間を要するだけでなく、訴訟に直面する可能性もあると、移民問題を専門とする法律専門家は指摘する。

 米税関・国境警備局(CBP)のデータをロイターが調査したところ、中央アメリカ出身の家族が、国境で自ら身柄を引き渡し、本国送還や亡命申請の結果を待つ間に釈放されるケースが増加傾向にあることが分かった。