[ロンドン 31日 ロイター] - 英議会は31日以降、数週間にわたりメイ首相の欧州連合(EU)離脱計画を審議する。親EU派の議員らは計画の修正を求めているが、結局はほぼ原案通りの形で可決され、首相が示す3月末までの離脱交渉開始に間に合うとの見方が強い。

英最高裁判所は24日、メイ首相がリスボン条約第50条を発動して離脱手続きを始めるには議会の承認が必要との判断を下し、首相は承認を求めることになった。

首相は、単一市場から離脱してEUと自由貿易協定を交渉する「ハード・ブレグジット」路線を示しており、これに反発する議員らは議会審議で対決する構え。複数の野党議員から、これまでに5つの修正案が提出されている。

最大野党の労働党は、離脱手続きを議会がより精査すべきだと訴えていく見通しだが、離脱を根底から覆す気はないと表明。党内にはこの方針に反発している議員もいる。

ただ、メイ氏の与党保守党は議会で過半数を抑えている。政府はこの議席数をテコに修正案に抵抗し、国民投票によって離脱手続き開始にお墨付きを得たという立場を貫きそうだ。

この問題に関する政党間協議に詳しい関係筋はロイターに対し、「現時点では、法案修正に十分な過半数の支持は得られないだろう。保守党議員の間では、いかなる修正案であれ支持しようという意欲が極端に小さいというのが、厳然たる事実だ」と述べた。