[北京 1日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した1月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.3と、前月の51.4から低下した。ただ、ロイターがまとめた市場予想の51.2を上回ったうえ、景気拡大・悪化の境目となる50を6カ月連続で上回った。

生産指数は前月の53.3から53.1に低下したが堅調さは維持した。

新規受注の上昇傾向は一服したが、輸出受注はわずかに改善した。

政府による活発なインフラ投資や住宅ブームが、製造セクターを押し上げた。

ただ、アナリストは景気刺激策の効果が徐々に減退し、不動産市場が冷え込み始めた場合、成長が持続可能かどうかを懸念している。

非製造業PMIは54.6と、前月の54.5から小幅に上昇した。

賃金が上昇したことで消費者の旅行や外食が増えており、昨年の中国経済の成長の大半をサービスセクターが占めた。

当局は、サービスセクターの成長が軟調な輸出を相殺すると期待している。

*内容を追加しました。