ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

震災のさなかにシステム障害
機能不全に陥ったみずほ銀の窮地

週刊ダイヤモンド編集部
2011年3月28日
1
nextpage

震災直後という最悪のタイミングで、みずほ銀行のシステムがダウンした。銀行業務の基本で、社会インフラとして果たすべき決済機能の提供すらできなくなったのだ。みずほ銀は約10年前にも同じようなトラブルを起こしており、存在意義すら問われかねない危機に陥っている。

初動対応の悪さが負の連鎖を招き、ここまで大規模なシステムトラブルになってしまった。現場の行員たちは休日返上のうえに総動員され、大迷惑を被った顧客の対応に追われた

 みずほ銀行をメインバンクとする、ある中堅企業の経理担当者は切羽詰まった表情を浮かべていた。カネは準備できていたのに、取引先への支払いが滞りそうになっていたからだ。

 あわてて他の銀行の営業担当者を呼び、その場で店舗に急ぎの電話をかけてもらう。

 「今からうちのお客さんが行くから、口座を開設するための書類を全部作っておいてくれ」。電話を受けた事務担当の女性行員は、すぐさま準備に取りかかった。

 ひと息ついたのもつかの間、もう一つ気がかりなことがあった。

 「いつ自分の口座からカネが引き落とされ、相手に届くのか」

 担当者を問い詰めても、「相手がみずほの口座を使っているので、わからない」の一点張り。企業にとって、死活問題になりかねない事態に、経理担当者の不安は増すばかりだった。

 こうした混乱の原因は、3月15日から起きたみずほ銀の大規模なシステムトラブルだ。窓口やATMなどで、振り込みや現金の出し入れなど、多くの機能がマヒ。最大116万件、金額にして約8300億円の未処理取引が発生する事態となった。

 東日本大震災の直後で、なおかつ“5・10日(ゴトウ日)”と呼ばれる、給与振り込みが多い日付をまたいだことで、企業、個人共に多大な迷惑をこうむった。

 利用者だけではなかった。みずほ銀の手が回らず、振り込み業務の代行を依頼された他行も、対応に追われてきりきり舞いだ。店舗によっては、みずほ銀メインの企業の駆け込み寺となっているところもある。

 そんな店舗では、企業間決済に使われる「総合振込」や「給与振込」の口座開設ラッシュ。節電のために定時退社の号令がかかるなか、事務担当者は忙殺されている。

 また、「こっちだってシステムの容量に、ものすごい余裕があるわけではない」(他メガバンク関係者)のが実情。尻ぬぐいで共倒れしないよう、他行のシステム担当者たちの緊張感も、かつてないほど高まっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧