[31日 ロイター] - 著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、昨年11月8日の大統領選でトランプ氏が勝利して以降、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>向けに純ベースで普通株120億ドルを購入した。27日放送のチャーリー・ローズ氏とのインタビューで明らかにした。

過去のペースと比較して購入額が短期間で膨らんでおり、異例のスピード購入となった。同氏は大統領選の期間中、民主党のクリントン候補を支持していた。

具体的な購入銘柄には触れなかった。バークシャーは年末時点の保有状況について、2月14日までに規制当局への提出書類で情報開示する見通し。

トランプ大統領が目指す年率4%の経済成長の実現は難しいとする一方、その半分の2%成長でも持続すれば大きな恩恵をもたらすとした。