[メルボルン 31日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は31日、オーストラリアの自動車製造部門を今年10月に閉鎖すると発表した。8月から段階的に自動車の生産を停止する。

トヨタは2014年2月、豪ドル高による損失やスケールメリット低下を理由にオーストラリアでの工場閉鎖を表明。その数カ月後にはGM<GM.N>傘下のホールデンやフォード<F.N>も生産撤退を発表した。

トヨタは声明で、アルトナ工場を10月3日に閉鎖するとし、8月にオーリオン、9月にカムリ・ハイブリッド、10月にカムリ・ペトロールの生産を停止すると発表した。

またオーストラリアで働く全従業員の3分の2を削減する計画で、従業員数は販売部門と流通部門で1300人となる。