[マニラ 31日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は31日、同国のイスラム過激派集団アブサヤフによる海賊行為が横行している南方海域にパトロール船を送るよう中国に支援を要請したことを明らかにした。

中国から回答があったかどうかについては明らかにしなかった。

フィリピン沖での海賊急増により、船舶は他の海域への迂回を余儀なくされ、輸送コストの上昇や輸送期間の長期化を招いている。

過激派組織「イスラム国」(IS)と関連があるとみられるアブサヤフは、海賊行為や身代金目的の誘拐で有名。

アブサヤフによる船員誘拐や貨物船襲撃が相次いだことを受け、フィリピンとマレーシア、インドネシアは、スルー海やセレベス海での合同パトロール実施に合意している。