橘玲の世界投資見聞録 2017年2月2日

現代のポピュリズムは「原理主義的なリベラル」。
トランプ大統領は「公約を守り巨悪と戦うヒーロー」を演じつづけるだろう
[橘玲の世界投資見聞録]

 トランプ大統領が就任直後に出した、中東・アフリカ諸国のイスラーム圏出身者や難民の入国禁止令が、アメリカはもちろん世界じゅうで抗議行動を引き起こしている。それ以外にもメキシコに「国境の壁」の費用を求めるとして首脳会談を中止したり、日米の自動車メーカーにメキシコでの工場の建設中止や米国内での雇用への貢献を求めるなど、予測不能の“暴走”は止まりそうにない。

 それに加えてヨーロッパでも、イギリスのEU離脱交渉開始が迫り、オランダやフランス、ドイツなどで重要な選挙が目白押しになっていることで、あらためてポピュリズムに注目が集まっている。これまで「リベラリズム」を牽引してきた欧米の先進諸国でいったいなにが起きているのだろうか。

[参考記事]
●欧米で台頭した「右派ポピュリズム」が2017年に影響力を増していく理由

 あまり指摘されないが、ここでのポイントは、現代のポピュリズム(右派ポピュリズム)がリベラズムと親和性が高いことだ。欧米では人種主義の「極右」は後景に退き、移民排斥を掲げる政治集団は人種差別(レイシズム)から距離を置いて、自らを「リベラル」と位置づけている。――トランプの言動も、きわめてあやういものの、かろうじてリベラルの枠内に収まっている。

 「右翼のリベラル化(あるいは「リベラルの右傾化」)」というこの奇妙な反転を指摘したのはヨーロッパ政治史を専門とする水島治郎氏で、私はこれを『反転する福祉国家 オランダモデルの光と影』(岩波書店)で教えられのだが、水島氏は近年の状況を新刊の『ポピュリズムとは何か』(中公新書)でまとめているので、これに基づいてリベラリズムとポピュリズムの親和性を考えてみたい。

ニューヨーク5番街のトランプタワー (Photo:©Alt Invest Com)

オランダ政界に登場したピム・フォルタインというポピュリスト

 水島治郎氏は『反転する福祉国家』で、2000年代に彗星のようにオランダ政界に登場したピム・フォルタインというきわめて興味深いポピュリストについて書いている。それは次のような物語だ。

 1948年、オランダの田舎町の敬虔なカトリック教徒の家に生まれたフォルタインは、日本でいう全共闘世代で、60年代の学生運動に大きな影響を受け、マルクス主義社会学を学び、卒業後は大学で教鞭をとりながら社会主義政党である労働党の活動家になった。

 だがその後、フォルタインは40代で思想的に大きく転向し、「右翼」と呼ばれるようになる。大学教授の職を辞した彼は、ベンチャー企業の経営などを経て政治コラムニストの道を選んだ。フォルタインの政治的主張のなかでもっとも大きな議論を呼んだのは、イスラームへの歯に衣着せぬ批判だった。当時のオランダは宗教批判や移民問題はタブーとされており、フォルタインは一躍、社会的な注目を集める存在となった。

 オランダでは90年代以降、都市部の治安悪化を受け「すみよいユトレヒト」など、「すみよい」を名乗る地方政党が躍進するようになった。こうした市民参加型の地方政党は、中央集権的な既成政党を批判し、住民の声に耳を傾けながら地域固有の課題を大胆に改革する手法で人気を博した。「すみよい」を掲げる政党のなかには地方選挙で30%を超える得票率を獲得するところもあり、99年には地方政党を統合した国政政党「すみよいオランダ」が結成された。フォルタインは、この「すみよいオランダ」の筆頭候補者として政界へのデビューを飾ることになる。

 フォルタインの戦略は、「地方から中央を変える」ことだった。

 2001年、フォルタインは自分が住むロッテルダムに地方政党「すみよいロッテルダム」を設立し、治安問題を中心に大胆な市政改革を訴えた。この作戦は大成功し、フォルタインを看板とする「すみよいオランダ」はたちまち翌年の国政選挙の台風の目となった。

 だがその直後、フォルタインは難民の受入れやイスラーム批判で党の執行部と対立し、「極右」のレッテルを貼られて「すみよいオランダ」を脱党する。失意のフォルタインは自らの名を冠したフォルタイン党を設立するが、それは当初、友人たちを含むわずか4人の弱小政党だった。

 ところがここから、事態は思わぬ方向に動き出す。

 一連の騒動でも地方政党「すみよいロッテルダム」はフォルタインへの支持を変えず、02年3月のロッテルダム市議選で、フォルタイン率いる同党は34.74%という驚異的な得票率で地滑り的な勝利を収め、総議席45議席中17議席を獲得した。また同じ日に全国で行なわれた統一自治体議会選挙でも、「すみよい」を冠する地方政党は17の自治体で最大政党に躍り出た。

 ロッテルダム市議会の第一党となったフォルタインは、保守政党や自由主義政党と連立して執行部を組閣することに成功する。既成政党がフォルタインにすり寄ったのは、いうまでもなく、次回の国政選挙でその人気にあやかるためだ。

 フォルタイン党の躍進によって、候補者リストに名を連ねたいという志願者が殺到した。その中には既成政党の党員も多く、もっとも大きな被害を受けたのが政策の重なる「すみよいオランダ」だった。フォルタインは「すみよいオランダ」を除名同然の扱いで放り出されたが、わずか数カ月で形勢は逆転し、いまやフォルタイン党が「すみよいオランダ」を吸収しようとしていた。

 総選挙が10日足らずに迫った同年5月6日、フォルタイン党の予想獲得議席は、(日本の衆議院にあたる)下院定数150のうち25%の38議席に達し、連立政権を組めばフォルタインが首相となることさえ夢ではなくなった。

 だがこの華やかな政治ドラマは、その日の夕刻に劇的な終幕を迎える。ラジオ番組の出演を終えたばかりのフォルタインは至近距離から銃撃され、54歳の生涯をあっけなく終えたのだ。

 銃撃犯は32歳の白人男性で、環境保護団体の熱心な活動家だった。裁判で彼は、フォルタインに「社会に対する危険」を見出したことが殺害の理由だと述べた――。

運河の街、アムステルダム         (Photo:©Alt Invest Com)

 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。