ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英下院、EU離脱通知の承認求める法案可決 審議は次の段階へ

2017年2月2日

[ロンドン 1日 ロイター] - 英下院は1日、政府に欧州連合(EU)への離脱通知の権限を与える法案を賛成498、反対114の賛成多数で可決した。メイ首相が目指す3月末までの離脱交渉開始に向け、法案審議の第1段階をクリアした。

法案は今後、次の段階に送られ、より詳しい審議が行われる。成立に向けた一連の手続きは3月7日までに完了する可能性がある。

野党労働党のコービン党首は、現時点で法案を支持するとの党の方針を示していたが、下院の労働党議員からは47人が反対に回った。

来週から始まる審議の次の段階では、離脱協議を議会がより詳しく精査できるようにする修正を、労働党など野党が求めてくる見通しだ。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧