[ソウル 2日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は2日、国内で基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したすべてのスマートフォン(スマホ)向けにオンライン決済サービスを開始すると発表した。

サムスン・ペイ・ミニと呼ばれる新サービスは第1・四半期に開始予定で、韓国の利用者は専用アプリをダウンロードすることでオンライン決済ができる。同社は、韓国以外にサービスを拡大する可能性についてはコメントを控えた。

サムスンはすでにサムスン・ペイという決済サービスを提供しており、利用者は特定のサムスン製スマホやスマートウォッチでオフラインのクレジットカードあるいはデビットカード決済ができる。米アップル<AAPL.O>のアップル・ペイや米グーグルのアンドロイド・ペイと競合している。

*カテゴリーを変更して再送しました。