ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉田恒のデータが語る為替の法則

再介入の有無がドル/円基調転換の鍵に。
V字型ではなくW字型で大底入れか?

吉田 恒
【第125回】 2011年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー

 私はもともと、対円での米ドル下落は最終局面に近づいており、早ければ今年中にも大底入れとなって、米ドル高・円安基調への転換が起こると考えてきました。

 しかし、最近の動きを受けて、それが前倒しになる可能性、つまり予想以上に早く米ドルが対円で大底入れとなることを考え始めています(「重大事件後に相場はどう動く? 「パニック安値」で歴史的な大底入れも…」参照)。

 すでに米ドル高・円安基調への転換が始まっていることも考えられるでしょう。

基調転換のシグナルになってきた協調介入

 そう考えるようになった理由の1つは、G7協調介入です。3月18日(金)に実現したG7協調介入は、実に2000年9月以来、10年半ぶりのものでした。

 この10年半前のG7協調介入は、「資料1」のようにユーロ安阻止で行われたものでしたが、これを受けてまさにユーロは大底入れとなり、ユーロ安からユーロ高への基調転換となったのです。

資料1

 ところで、今回のG7協調介入は、ユーロ安阻止ではなく、円高阻止を目的としたものでした。円高阻止のためのG7協調介入は1995年4月以来です。つまり、なんと16年ぶりになるものだったのです。

 そんな16年前のG7円売り介入は、「資料2」のように、円高のピークアウト、対円での米ドル大底入れをもたらしました。

資料2

 こんなふうに、近年のG7協調介入は、基調転換につながってきたのです。そうであれば、今回の円高阻止の協調介入は、対円での米ドル大底入れ、つまり米ドル安・円高から円安・米ドル高への基調転換につながる可能性があると言えるでしょう。

円高・米ドル安基調は
いつ終わってもおかしくない

 「資料3」のように、そもそも円高・米ドル安基調は、3年程度で終わるのが普通で、長くても5年が目一杯というのが過去の経験則の教えるところです。

 また、そんな円高・米ドル安基調での米ドル下落率は、平均35%、最大でも50%でした。

資料3

 では、2007年6月の124円から続いてきた今回の円高・米ドル安基調はどうでしょうか?

 これは、この3月に76円台まで米ドル安・円高となったことで、すでに3年9カ月、40%弱もの米ドル安・円高となっています。米ドル安・円高の継続期間、そして米ドル下落率ともに、過去の平均を大きく上回ってきました。

米ドル/円 月足

 もちろん、まだ継続期間、米ドル下落率とも、過去最高には至っていないのですが、過去の平均を大きく上回ってきたということは、着実に終わりへ近づいていると言えるでしょう。別な言い方をすると、いつ終わってもおかしくない、そんな段階に入っているということです。

 そして、そういった中で、先に見てきたように、基調転換のきっかけになってきたG7協調介入が今回も実現したわけです。

 だから私は、米ドルの大底入れ、米ドル安・円高から米ドル高・円安への基調転換が、当初の私の予想より早く実現してもおかしくないと考え始めているのです。

 ただし、仮に米ドルが大底入れして、米ドル安・円高から米ドル高・円安へ転換するとしても、あの協調介入だけで決着がついたかどうかはまだ微妙ではないでしょうか。

記事の続きを読む

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田 恒 

立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。財務省、日銀のほかワシントン、ニューヨークなど内外にわたり幅広く取材活動を展開。同社代表取締役社長、T&Cホールディングス取締役歴任。緻密なデータ分析に基づき、2007年8月のサブプライムショックによる急激な円高など、何度も大相場を的中させている。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。


吉田恒のデータが語る為替の法則

為替相場には法則がある! 数々の大相場を的中させてきた吉田恒が、豊富な過去データを分析して法則を導き出し、為替の先行きを予想します。

「吉田恒のデータが語る為替の法則」

⇒バックナンバー一覧