[ベルリン 2日 ロイター] - ドイツのマイスター財務省政務次官は2日、ユーロ圏諸国は欧州中央銀行(ECB)の緩和政策による低金利環境を生かして自国の経済改革および財政再建を進められていないと述べ、「政治家は自国経済の競争力や公的財政の健全化といった基本的問題の解決に重点的に取り組むべき」との考えを示した。

同次官はベルリンで開かれた会議で「これが達成されれば、低金利の必要性がなくなり、ECBが異なる金融政策を追求できる環境になる」と語った。