[エディンバラ 2日 ロイター] - ファロン英国防相は2日、英政府は2020年に終了する現在の議会会期中に、スコットランドの独立の是非を問う2度目の住民投票実施に進んで協力する意向はないと明言した。

同相はスコットランド紙「ヘラルド」とのインタビューで、新たな住民投票を力を貸すかとの質問に「ノーだ。忘れた方がいい」と答えた。

BBCラジオ・スコットランドの同じ質問にも「われわれは2回目の住民投票は必要ないことを明確にしている」と返した。

その上で、スコットランドのスタージョン行政府首相は55%が英国残留に投票した2014年の住民投票結果を尊重すべきだと語った。

一方、スタージョン行政府首相はツイッターに、2度目の住民投票を阻止することは英政府にとって「破滅的な行動」になるだろうと投稿した。