[ソウル 3日 ロイター] - 韓国青瓦台(大統領府)は3日、朴槿恵大統領を巡る疑惑などを調べる特別検察の家宅捜索を、機密保持上の問題があるとして拒否した。

Kim Dong-jo広報官はロイターに対し「青瓦台には軍事情報など機密保持の必要があり、施設内への捜索を認めないとの考えは変えていない」と説明した。

検察側は、贈賄などの容疑によるサムスングループ捜索にからみ、公正取引委員会(KFTC)と金融委員会の捜査も行っている。KFTCは捜索について認めたが、詳細についてはコメントを控えた。金融委員会は、検察が書類のコピーを行い、事務所を捜索していると説明した。

*内容を追加しました。