[ワシントン 2日 ロイター] - 米共和党のジョン・マケイン上院議員は2日、ウクライナ東部の戦闘激化について、ロシアが米国を試しているとし、ウクライナを攻撃から守るために必要な武力支援を提供すべきだと訴えた。トランプ米大統領に送った書簡で述べた。

「トランプ氏とロシアのプーチン大統領が電話会談した翌日に戦闘が激化したことは、司令官としてのトランプ氏をテストしようとプーチン氏が素早く動いた証拠」と指摘。米国の対応は長期的な意味合いを持つとした。

また、ウクライナの不安定化や分断を狙ったプーチン氏の暴力的な作戦は「強力で断固とした対応」をしない限り続くとし、武力支援を行うために権力を行使するようトランプ氏に訴えた。

米政府は、外交や経済制裁で紛争の解決を図るというオバマ前大統領の戦略の下、ウクライナにはドローンやレーダー、緊急医療など非軍事的な支援を行っていた。