[ソウル 3日 ロイター] - 韓国の韓民求国防相とマティス米国防長官は、北朝鮮の脅威に対応するため、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を年内に韓国に配備することで合意した。韓国国防省が3日、明らかにした。

マティス長官は2日間の日程で韓国を訪問中で、韓・国防相ら高官と会談している。

国防省は声明で「THAADを計画通り年内に配備し、運用することで両者が合意した」と明らかにした。