[ソウル 3日 ロイター] - 韓国統一省の鄭俊熙報道官は3日の定例会見で、金元弘国家保衛相が解任されたと明らかにした。これに先立つメディアの報道を確認した。

金元弘氏は、金正恩朝鮮労働党委員長の主要な側近とみられていた人物。鄭報道官によると、1月中旬に収賄や権力乱用、人権侵害などを理由に解任されたとみられるという。

鄭報道官は、情報入手経路については明らかにしなかったが、北朝鮮でさらなる解任があった可能性があると述べた。