ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ティラーソン氏、相次いで外相と会談 職員には結束呼び掛け

2017年2月3日

[ワシントン 2日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は就任初日となった2日、トランプ米大統領の政策を巡り国務省内でも抗議が噴出する中、職員らに結束と理解を呼び掛けた。

ティラーソンはメキシコとカナダの外相と電話会談し、ドイツのガブリエル外相とも国務省で会談した。同省の当局者が明らかにした。

国務省では、難民受け入れ凍結やイスラム圏7カ国からの入国を禁止する大統領令に反対する意見書に900人以上の署名。ティラーソン氏は特定の外交政策に触れることなく、「政治的信条を表現する自由は誰にでもあるが、チームとしての業務遂行能力が妨げられてはならない」と述べた。

また、同省の業務効率化を進める意向を示し、外交官の安全が最優先課題とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧