[ロンドン 3日 ロイター] - 英国のファロン国防相はロシアのプーチン大統領について2日夜、うそを広めハッカー集団を使って重要なインフラにサイバー攻撃を仕掛けることで、西側諸国の弱体化を狙っていると批判した。

国防相は、1991年のソ連崩壊以降、プーチン大統領は西側の戦略的ライバルとなることを選択してきたと主張。北大西洋条約機構(NATO)の軍事同盟はロシアを抑止するため断固とした態度で臨むべきだと述べた。