[パリ 3日 ロイター] - フランス警察筋によると、パリのルーブル美術館に刃物を持った男が侵入を試みた。兵士が発砲し、男は負傷したという。

別の警察筋によると、男はスーツケースを持って美術館地下のショップに侵入しようとした。現場では、避難措置がとられており、内務省がツイッターで「深刻」な事態と表明した。

警察によると、男は「アラーアクバル(神は偉大なり)」と叫んだ。男のバッグから爆発物は見つからなかったという。