ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英サービス部門PMI、1月は4カ月ぶりに低下

2017年2月3日

[ロンドン 3日 ロイター] - マークイットとCIPSが発表した昨年1月の英サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は54.5となり、1年以上ぶりの高水準だった12月の56.2から低下した。コストの急増が影響した。

同指数の低下は4カ月ぶりで、ロイターが集計したエコノミスト予想の下限だった。

長期平均も下回った。

今週発表された英製造業PMIや建設業PMIも低下している。

ただ、マークイットはこれらのPMIは依然として今年第1・四半期の英成長率が0.5%になることを示唆していると指摘。

同社エコノミストのクリス・ウィリアムソン氏は「今後1年間に対する楽観度は過去1年半で最高水準に上昇しており、すべてのセクターで改善していることは、1月の鈍化が一時的な可能性を示している」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧