[ロンドン 3日 ロイター] - メイ英首相の報道官は3日、英政府は欧州連合(EU)離脱に向けた行程表を堅持する決意だとし、来週の離脱通知法案の本格的審議を前に、議会に国民投票の意義を思い起こすよう要請した。

メイ首相がリスボン条約50条を発動し、EUとの正式な交渉を開始するための法案については、数十件の修正案が策定されており、法案審議に遅れが出る可能性がある。

同報道官は「重要なことは6月に国民投票が行われ、国民がEU離脱を望む意思を明確に示したことと、政府が行程表に従ってそれを遂行していく決意を固めていることだ」と述べた。