ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

BMWが米で23万台リコールへ、タカタ製エアバッグ絡みで

2017年2月4日

[3日 ロイター] - ドイツ高級車メーカーのBMW<BMWG.DE>は3日、米国で23万0117台をリコール(無償回収・修理)すると発表した。タカタ<7312.T>の欠陥エアバッグ・インフレーター(膨張装置)を搭載している可能性があるという。

今回のリコールは2015年に実施した90万台のリコールの一環で、事故後の修理や前回のリコールでタカタ製インフレーターが取り付けられた恐れがあるため、再検査を実施すると説明した。

リコールの対象は、2001─02年モデルのスポーツ多目的車(SUV)「X5」の一部、2000─02年モデルの「3シリーズ」の一部、2001─03年モデルの「5シリーズ」の一部。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧