[ワシントン 3日 ロイター] - トランプ米政権は3日、イランに対する制裁措置を発表した。25の個人および企業が対象で、米金融システムへのアクセスや米企業との取引が禁じられる。対イラン制裁はトランプ政権下で初めて。

フリン大統領補佐官(国家安全保障担当)は声明で「米国の利益を脅かすイランの挑発行為をトランプ政権はもはや容認しない」と述べた。また別の当局者は今回の措置は始まりにすぎないとして、イランが弾道ミサイル開発などを続ければ追加制裁もあり得るとの考えを示唆した。

こうしたなか、イラン外務省は、米国の制裁は違法であると非難した上で、「地元のテロ組織」を支援する米国の個人・企業に対して法的規制を課す方針を明らかにした。