アラブ 2017年2月13日

教えて! 尚子先生
一般的なイスラム教徒の人々は「テロリスト」と呼ばれることを
どう思っているのですか?【中東・イスラム初級講座・第38回】

イスラム教徒=テロリストという印象をもたれることにたいして、一般的なイスラム教徒はどう思っているのでしょうか。日本では珍しい女性の中東研究家として活躍する岩永尚子先生が、アメリカの調査機関のアンケート結果およびQ&Aサイトの議論から分析します。

 今回のご質問には、アメリカの調査機関であるピュー研究所(Pew Research Center)の世論調査結果から答えていきます。ですが、アンケートの数値だけでは、すこし具体性に乏しくなってしまいがちなため、「Quora(クオーラ)」 というアメリカのQ&Aサイトで、この問題がどのように議論されているのかについて検討してから始めたいと思います。

Quoraというサイトは、アメリカのQ&Aサイトの中でも5大サイトのひとつに数えられており、参加者もかなりの数にのぼっています。このサイトの最大の特徴は、創始者がフェイスブック関係者ということもあり、実名で回答することです。ページを閲覧する際に会員になるか、もしくはフェイスブックにアカウントを持っている人はフェイスブックをリンクさせる必要があります。そのため、サイトが比較的荒れず、まじめな回答が多いといわれています。

ISISとイスラム教徒は同じでない

 このサイトでまさに ”How do ordinary Muslims feel about Islamic terrorism?(ふつうのイスラム教徒はイスラム的テロリズムをどう感じているのですか?) ”という質問を見つけることができました。

 回答はいずれも「ISISとイスラム教徒は同じではないので混同しないでほしい」という趣旨なのですが、それを説明する方法はさまざまです。説明のパターンをおおまかに分類すると、以下の4つに大別できました。

1) イスラム教がテロリズムを支持していないことを、コーランや予言者ムハンマドの言行を記したハディースなど、つまりイスラムの教えから引用して議論する。

2) 現代のイスラムの法学者や宗教学者がISISに対する非難を行なっていることを示す。たとえばテロに対して反対するファトワー(イスラム法学にもとづいて行なわれる勧告)は、すでに600ページを超えているなど。

3) 世界各国の普通のイスラム教徒が、ISISやテロに反対するデモなどを行なっている写真や動画を多数紹介して、自分の周囲の人々はもちろん、他のイスラム教徒も実際に反対していることを示す。

4) これから紹介するピュー研究所の調査結果など、アンケート結果の数値にもとづいて議論する。

 さらに、類似した質問としては、「イスラム教徒はイスラム国(ISIS: 原文のまま)のようなテロリズムに対して、どのように対峙しているのですか?」とか、「もしイスラム教徒がISISの行為が悪いことだと思うのであれば、なぜ彼らは公然と反対を表明しないのですか?」などもありました。

 これらの質問においても同じような回答のパターンがみられました。どの回答からも「テロリストとイスラム教徒を混同しないでほしい」、「もっとイスラム教徒について知ってほしい」という願いが強く感じられました。

農作業に勤しむベルベル人/アトラス山中の村, モロッコ【撮影/安田匡範】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。