[東京/デトロイト 4日 ロイター] - エアバッグの大量リコール(回収・無償修理)問題を抱えるタカタ<7312.T>から再建計画の策定を委ねられている外部専門家委員会が、スポンサー最有力候補として中国の寧波均勝電子<600699.SS>傘下の米自動車部品メーカー、キー・セイフティー・システムズ(KSS)を選定した。

複数の関係筋がロイターに明らかにした。

関係筋によれば、外部専門家委員会が大口債権者である自動車メーカーに対し、KSSがスポンサーとして適切との意向を伝えた。KSSの提案は法的整理が支援の前提となっており、自動車メーカー各社も法的整理を求めている。ただ、タカタの経営陣は法的整理ではなく、裁判所が関与しない私的整理での再建を強く主張しており、タカタ経営陣の判断が注目される。

スウェーデンのエアバッグ最大手、オートリブ<ALV.N>もスポンサー候補として最後まで残っていたが、世界市場での寡占が強まる懸念があるため、まずはKSSに優先交渉権を与えたもようだ。

タカタ製エアバッグのリコール問題をめぐっては、関連する事故で米国など海外では死亡者が16人、負傷者が150人超に上っている。リコール費用は1兆円規模に膨らむ恐れがあり、その大半を肩代わりしている自動車メーカーが再建計画に強い影響力を持つ。メーカーによってはリコールに伴う交換部品も供給が間に合っていない。

KSSは昨年、寧波均勝電子の傘下に入り、エアバッグ分野では世界トップ3を追う中堅メーカー。寧波均勝電子は2004年に設立、11年に独部品メーカーを買収するなど事業規模を拡大させている。

(白木真紀、Paul Lienert 編集:伊賀大記)