[東京 6日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比151円52銭高の1万9069円72銭と続伸して始まっている。3日の米国株市場でダウ工業株30種が大幅高となり2万ドル大台を回復したことを好感。幅広い銘柄に買いが先行した。

トランプ米大統領が金融規制改革法(ドッド・フランク法)の見直しに関する大統領令に署名したことで、米金融株が上昇したことが日本の金融セクターにも波及。銀行、証券などが高い。ホンダ<7267.T>など好業績株にも買いが先行した。半面、食料品はさえない。