ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ポンド安、英輸出業の恩恵は限定的=英商工会議所調査

2017年2月6日

[ロンドン 6日 ロイター] - 英商工会議所(BCC)が6日公表した企業調査によると、昨年6月の欧州連合(EU)離脱決定以降のポンド急落で恩恵を受けた輸出業者は全体の4分の1にとどまり、打撃を被ったとする輸出企業の数とほぼ一致した。

調査は12月1─19日に経営者1474人を対象に実施。このうち、約25%がポンド安によって輸出の利益率が押し上げられたと回答。一方、22%は海外の収益性が低下したと答えた。

また、回答企業の半数近くは為替リスクを管理しておらず、今後も管理する計画はないとした。

BCCによると、小規模企業の多くは海外顧客からポンド建ての代金を受け取っているが、原材料の一部は外貨で支払っているため、価格を引き上げなければ為替差損が生じる状況にある。

ポンドは昨年6月23日以降、対ドルで15%超下落している。

BCCのアダム・マーシャル氏は「輸入は割高になっており、企業は供給業者との契約に縛られ、為替変動に対応できていないかもしれない」と指摘した。

調査では国内の利益率が低下した企業が全体の44%に上った。また、企業の3分の2以上はポンド安による17年のコスト増を予想し、半数以上がコスト増の少なくとも一部を消費者に転嫁するとの見通しを示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧