[シドニー 6日 ロイター] - オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行<ANZ.AX>が発表した新聞とインターネットによる1月のオーストラリアの求人広告件数は前月比4%増加し、2.2%減少していた12月から増加に転じた。

前年比では7.1%増加し、12月の3.7%増から伸びが加速した。

ANZのシニアエコノミスト、フェリシティ・エメット氏は「求人広告件数が回復したことに加え、他の景気先行指標がある程度改善していることは、労働市場の勢いが鈍る中でも、向こう1年の失業率の緩やかな低下を下支えするには十分との当行の見解を裏付ける内容だ」と指摘した。