[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表した週間統計によると、ヘッジファンドなど投機筋による米原油先物・オプションの買い越しは過去最高となった。

NYMEXおよびロンドンICE市場での投機筋の先物・オプション買い越し幅は1月31日までの週に前週比1万6826枚増の41万2380枚となり、2014年6月の39万8746枚を上回り、過去最高となった。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国による昨年の減産合意により原油価格の重しとなっていた供給過剰が緩和するとの見方が広がっている。