[ウェストパームビーチ(米フロリダ州) 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と電話会談し、5月に開かれるNATO首脳会議に出席することで合意した。

ホワイトハウスの声明によると、会談では、NATO加盟国間の防衛費の分担や、「ウクライナ国境沿いの紛争の平和的な解決」の可能性について協議した。

トランプ氏は大統領選挙中、NATO加盟国が応分の資金拠出をして米国の負担を減らすべきと主張し、共和党と民主党双方から非難の声が上がるとともに、欧州のNATO加盟国の間にも懸念が広がっていた。