[ベルリン 6日 ロイター] - ドイツ機械装置産業連盟(VDMA)が6日発表した2016年12月のエンジニアリング受注は、実質ベースで前年比15%減少した。

国内受注は7%増加したものの、海外からの受注が22%減少した。

2016年通年では前年比2%減となった。

10─12月期は前年同期比8%減。国内受注は4%増、海外からの受注は12%減少した。