[北京 6日 ロイター] - 中国国務院(内閣に相当)は6日、2016─2020年に都市部で5000万以上の新規雇用の創出を目指すと発表した。ウェブサイトに掲載した雇用促進の5カ年計画で明らかにした。

また、都市部の登録失業率を5%を下回る水準に維持することを目指すとした。