[フランフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は6日、ユーロ圏の景気回復は力強さを増しているものの、なお刺激策が必要な状態にあるとの認識を示し、ECBには支援を引き揚げる用意はないと述べた。

ドラギ総裁は欧州議会の公聴会で、インフレは上向いている可能性があるが、主に原油価格の上昇という一時的要因によるものと考えられるとし、一過性のものと確認されればECBは重要視しないとの立場を表明。「ECBの金融政策措置による支援はなお必要だ」と述べた。

そのうえで「ECBは個別の指標、およびインフレの短期的な上昇に反応してはならないとの金融政策戦略を掲げている」とし、「このため、欧州連合(EU)基準消費者物価指数(HICP)の上昇の変化が、物価安定に向けた中期見通しに持続的な影響を及ぼさないと見なされた場合、われわれは引き続き重要視しない」と述べた。