[オタワ 6日 ロイター] - 全米商工会議所のトーマス・ドナヒュー会頭は6日、北米自由貿易協定(NAFTA)を破棄すれば、カナダ、メキシコ、米国の経済に破滅的な打撃を与えるとの考えを示した。カナダの首都オタワで行った講演で述べた。

トランプ米大統領は、NAFTA再交渉を目指しており、思い通りの合意を得られなければ脱退も辞さない構えをみせている。

会頭はカナダとメキシコは米国の主要な輸出市場だとし、「NAFTAから脱退すれば、労働者、ビジネス、われわれの経済にとり破滅的な影響が及ぶ」と指摘した。

カナダのトルドー首相は、900万人の米雇用はカナダへの輸出に支えられているとの考えを示しているが、ドナヒュー会頭もこの点を強調。トランプ米大統領を批判することはなかったが、カナダ、メキシコとそれぞれ二カ国間協定を協議するのではなく、NAFTAを3カ国間の協定として維持することが米国にとり重要だと述べた。会頭はこの後、トルドー首相と会談する予定。