[東京 7日 ロイター] - 内閣府が7日公表した2016年12月の景気動向指数速報によると、指標となる一致指数は前月比で0.1ポイント上昇し115.2と2014年3月以来の高水準となった。

鉱工業生産指数や中小企業出荷指数が上昇した一方、衣類不振で商業販売額などが減少した。景気の基調判断は3カ月連続で「改善を示している」との表現を据え置いた。

先行指数は前月比2.6ポイント上昇の105.2。石油製品価格や株価が上昇したほか、新規求人数、中小企業売り上げ見通しなどが改善した。