[東京 7日 ロイター] - 安倍晋三首相は7日の衆院予算委で、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の資金を米国のインフラ投資に活用するとの報道に関し、「私はGPIFにそもそも指図できない」との見解を繰り返した。GPIFが独自の判断に基づいて米国のインフラに投資する可能性については「当然あり得る」と指摘した。

一方、GPIFの高橋則広理事長は、これまでのインフラ投資に関し、米国の案件は含まれていないことを明らかにした。いずれも、今井雅人委員(民進)への答弁。

高橋理事長はまた、井坂信彦委員(民進)への答弁の中で、GPIFの投資行動に「色々な政治判断が入る余地はない」と強調した。