[北京 7日 ロイター] - 中国の劉暁明駐英大使は、欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感から、英国で事業を展開する中国企業に「予防措置」が必要との考えを示した。

劉大使は7日付の人民日報とのインタビューで、中国政府が英国の選択を尊重し、英国とEU双方に受け入れ可能な準備が早くできるよう望むと発言。

また、特に英国で事業を行う金融関連企業や欧州拠点を置く企業は予防策を取っておくべきだと語った。詳細については語らなかった。