[モスクワ 6日 ロイター] - ロシア外務省のセルゲイ・リャブコフ次官は6日、米国とロシアの関係改善には、両国の省庁が直接連絡を取り合うコミュニケーション手段の再構築が不可欠との考えを示した。

モスクワを拠点とするセキュリティー・インデックス・ジャーナルのインタビューで答えた。両国の省庁間の接触は2014年以来途絶えている。

リャブコフ氏は、ロシアのウエブサイトに対するサイバー攻撃など、米当局者への質問が多数あると指摘。ロシアは省庁レベルでのサイバーセキュリティーに関する協議を米国に提案したが、依然として審議中だと述べた。