[東京 7日 ロイター] - 菅義偉官房長官は7日午後の会見で、安倍晋三首相が9日から13日まで米国を訪問し、10日にワシントンで日米首脳会談を行った後、大統領の招待に応えてフロリダの別荘を訪問する予定であることを明らかにした。ワシントン訪問には麻生太郎財務相、岸田文雄外相、世耕弘成経済産業大臣も同行する。

今回の首脳会談の意義について菅官房長官は「日米同盟の絆が揺るぎないことを改めて世界に示す機会にしたい。それが最大のテーマだ」と述べた。また、フロリダを訪問して会談を重ねることについて、「首脳間の個人的関係を構築する、有意義な機会になる」と強調した。

フロリダでトランプ大統領と安倍首相がゴルフするかどうかは「引き続き調整中だ」とした。