[ベルリン 7日 ロイター] - ドイツは7日、保護主義は世界が直面している問題の解決策にはならないとし、同国は自由貿易を守るために戦うべきとの立場を示した。独政府、および業界・労組団体が共同声明を発表した。

声明では、保護主義的な政策を掲げるトランプ米大統領に言及することは避けながらも、繁栄は開かれた市場と社会にかかっているとし、「政治、経済面で保護主義を追求することは誤り」と言明。ドイツと欧州のパートナーは今まで以上に、公正で開かれた貿易制度への支持を主張すべきとの考えを示した。

その上で、ドイツは20カ国・地域(G20)議長国の立場を活用して、国内産業保護を目的とする政治介入と戦う必要があるとした。