ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米労働長官候補のパズダー氏、過去の不法移民雇用を認める=報道

2017年2月8日

[ワシントン 7日 ロイター] - 複数のメディア報道によると、トランプ米大統領が労働長官に指名したアンドリュー・パズダー氏が、米国で就労許可のない不法移民を清掃員として雇用していたことを認めた。

パズダー氏と夫人は数年間にわたり不法移民の女性を雇用していたという。ハフィントン・ポストやニューヨーク・タイムズなどの報道によると、パズダー氏は6日夜に発表した声明で、女性が米国での就労が認められていないことが判明した直後に雇用を停止したと明らかにした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧